© 2018 by TOMOKO OKABE

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

August 7, 2019

私たちが人間関係で悩む時は、決まって相手に裏切られたり失望したりすることが怖いと思うからだが、ヨガで鍛えるべきは「どーんとこい」という力なのかもしれない。

相手がどうであれ、状況がどうであれ、なんでもどーんとこい!

相手を信じるのではなく、もっと大きな何かを信じてみること。

それを、言葉にしてしまうとヨガはスピリチュアルだととられてしまうけど

それぐらい、私たちはつい目の前の小さなことを見てしまい

それにあれこれ揺さぶられている。

ヨガがあれば大丈夫、と思えたらヨガの効果はあるのではないか。

写真は、水戸から名古屋への引っ越しの最中、

午後2時に出...

February 10, 2018

障害がない人がある人に合わせる方が簡単なのではないか。マジョリティがマイノリティに生きにくさをうみ出してるのではないか。 

ならばマジョリティがマイノリティの生きにくさをさせたほうが良いのではないか。 

マジョリティにとって理解ができない、相手を変えたい、正したいと感じる気持ち、つまり寂しさ不安物足りなさが、怒りを生み起こしているのではないか。 

子供の多くが発達障害ではなく発達過程ではないか。実は発達障害の問題になるのは大人になって気付かれてない生活の中での体の問題だと思う。 

ヨガの目指す平和の実現、それは何か。 

瞑想やマインドフルネス...

February 10, 2018

お互いに思いやりを持てること

失敗を許しあえること

愛とは獲得するものではなく、お互いを思いやる気持ちだということ

ますます忙しく情報過多の時代を生きていかなくてはなりません。人間や自然の長年の営みはもっと素朴で、大切なことは実はシンプルだということを学んでいってほしいです。つまりいい友達、いい先生に出会い、身近な人を大切にし、食事に感謝し、誇れる仕事を持ち、旅に出かけ、楽しい家族を作ってほしいです。

Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事
アーカイブ
Please reload