© 2018 by TOMOKO OKABE

エゴを満足させる

February 10, 2018

「俺は一匹狼でさ」というひとでも、自己肯定感がいらない人はいないと思います。一匹狼である自分を認めて欲しいのです。

 

子供であればなおさらです。

あなたには価値があるというメッセージを送ること、それが子育てにおけるヨガだと思っています。

あなたにまかせたいんだよ、助かったよ、という言葉

お母さんはあなたを見守っているからね、たたえるからね、尊敬するからね、というメッセージ(これは、帝京大学ラグビー部の「尊敬のジャージ」のエピソードにもあります。 

自分のエゴが認められた、自我を認めてもらったという満足感。これこそ、子供に一番近いところにいる親の役割なのかな、と思っています。

 

「あなたがしたかったのはこういうことだったのね」と、

 

一旦どんなときも、感情の価値を認める。いったん認めてから意見する。

 

難しいけど。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed