© 2018 by TOMOKO OKABE

夫婦は合わせ鏡

February 10, 2018

一昔前の育児本には、ご主人は奥様を大切にしてください、と書いてあります。

だけど私はこう思うのです。

そのメッセージをご主人に届けるのに一番効果的な方法は、奥様がご主人のことを大切にすること。極端な言い方をすれば、子供よりもご主人のことを気にかけることではないかと思います。

命を預かる重責に、疲れ果てた母親たちにはやっぱりヨガやバランスボールなどの教室に足を運んで欲しいのです。お子さんのためにもお母さんが元気になって欲しい。お母さんが元気になれば、家庭の中が明るくなります。お母さんに元気がないと、家の中は荒廃します。時々小さなご褒美を自分にあげてもいいと思います。キーワードは過保護。自分にご褒美をあげれば、みんなにも優しくしなければ悪いな、という気持も湧いてくると思います。

 

(これを書いたのは長男の育児中でしたが、第二子が生まれ、一般社団法人の設立で自分のキャパシティをオーバーした暁に、家庭は間違いなくブラック企業化し、私は自営業の方の仕事をしばらく休みました)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed