© 2018 by TOMOKO OKABE

子供目線になれたら苦労しない

February 10, 2018

よく、子供の目線に立って見ることが大切、と言いますが、親はいつも上から目線です。@@しなさい、@@してはだめ、小言ばっかりです。

ある日、今日はこんなことがあったと日記を書いていたとき、もし息子が、まだ書けないけれど日記を書いたら、今日はどんな1日だったのかな、と思いました。

今日はお母さんが怒った。今日もお母さんが怒った。あらあら、それではかわいそうだな、と思いました。自分にとっての事実が相手にとっての事実とは限らない、ということに気がついたのです。

そして、ヨガが教えてくれること、人間がどんなに先入観や思い込みに固執するか、それが苦しみを生んでいるか、について深く考えるようになりました。

なぜ、逆立ちをしたり、足の間から向こうを覗き込んだりするのでしょう。ヨガにおける苦しみの一つに、今述べた「ねばならない病」があります。視点を逆転させることで、自分が思い込んでいたものの見方が全てではないことを思い出せるようにするためです。私たちはそれほどまでに、気づかず、妄信しているのです。

どんなに小さくても子供にも自尊心があるのに、親の都合で子育てしてしまっていないか、を常に自分に問うようになりました。親というものはいろんな意味で盲目になりがちなのだという意識を持つようになりました。 

子供が日記を書いて、楽しい1日になるといいな、と思います。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed