© 2018 by TOMOKO OKABE

子供自身に選ばせる

February 10, 2018

ヨガのクラスでも、選択肢があることは人を幸せにする、と教えています。

手をあげてください、ではなく、手はあげてもいいし、おろしてもいいし、自分で選んでください、というようにしています。

 

選ぶことは、豊かさをもたらしてくれます。

自由度は選択肢の数に比例するからです。

逆に、うつやトラウマとは、自分には選択肢がないと思ってしまうことだと言います。

クラスでも、家庭でも、強制されたのではなく自分で選択したという経験を増やしていきたい。

なんでもイヤイヤする息子へのヒント。

これにしなさい、というより、こっちとこっちならどっちがいい?という聞き方をして、自分で選ぶと満足するようです。 

人生のハンドルは自分が握っており、自分で選んでいく力を育んでいく。その中で、やがて社会に出て、人のことを気遣う力も培っていけたらと思っています。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed