© 2018 by TOMOKO OKABE

愛された記憶

February 10, 2018

よく、岡部先生はどうしてそんなに愛情深いんですか。と言われたりしますが、誤解です。優しい時もありますし、怖いお母さんのときもあります。ハリネズミのように心を閉ざし主人を困らせたりもします。だけど、基本的には主人や子供たち、そして仕事に対し愛情深くありたいと思っています。

それはどうしてか、私のヨガの恩師たちが例外なくCompassion 慈悲の概念を教えてくれたということもあります。

だけど何より、私の父と母が私のことをどれだけ愛し、どれだけ一生懸命育ててくれたかの記憶があるからです。こんなにダメなところが多い私のことでも相談に乗ってくれ、励まし、誇りに思ってくれた。いつでも味方でいてくれた。愛されたこと、大切にされた記憶は、必ずや後世に残っていくと思います。

この世のすべての子供たちが愛に包まれますように。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed