© 2018 by TOMOKO OKABE

正しさよりも優しさを

February 10, 2018

私が子供を産んで実は一番神経過敏になったのが今思えば主人だった。私も主人も子育てが初めてだったから当たり前なのだが、主人が赤ちゃんは絶対泣かせてはいけないという姿勢に「赤ちゃんは、言葉が話せない代わりに泣くものだ」と思っていた私は、息子が泣くたびに自分はダメな母親なのだと思うようになっていった。勿論泣かせたくないというのは主人の優しさだったと思うのだが、泣かせてはいけないと思うあまり、体育会のように「なんとかしなければ!」と体が先に動いてしまい、「おやおやどうして泣いているんだい」とあやす心の余裕を持つことができませんでした。二人目は私の方がベテランかあさんですから(笑)主導権は私が握っており、おやおやと言ってあげられています。

ヨガは正しさではありません。ヨガは優しさです。

往往にして、正しさを追求すると、優しさが忘れ去られます。あるいは、優しい気持ちを発揮する余裕が失われます。

両親学級では、正しいことを学ぼうとしてしまうようです。私は、両親学級では、夫婦が協力して子育てをしていけるためにも、ぜひその落とし穴を教えてあげてほしいと思います。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed