© 2018 by TOMOKO OKABE

理解できなくてもそばにいる

February 10, 2018

先日、信じられないことを信じなくてはいけない出来事がありました。

主人は私を理解する気が全くなかったこと

 

だけど、それは夫婦だから、裏返し。

私が主人を理解しようとする気持ちが届いていなかったのかと思いました。

理解したいとなんて思っていませんでした。私を苦しめる存在と決めつけていました。主人の気持ちや優しさを見ようとしていませんでした。

そうやって接していたら、やはり相手もそう思うものですよね。

 

だけど、それでも、私のことを見捨てず、一緒に居続けていてくれたことに感謝しようと思えたのは、やはりヨガの哲学  - 「いる」ということは、当然のことではない、ということを教えてもらっていたからのような気がします。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed