© 2018 by TOMOKO OKABE

産後の傾向と対策

February 10, 2018

両親学級では、沐浴の仕方だけでなく、産後のお母さんの心と体のケアも教えられるような時代が来て欲しいと思います。

ご主人のことはやる気は人一倍あるけど、勝手も人一倍わからない「学生アルバイト」だと思うといいそうです。だから、具体的に教え、おだてなくてはならない。そうすれば、ちゃんと戦力になります。逆に、できないからと頼まなかったり、働きを評価しなければ、こんな会社に居たくない、と子育ての現場を去って行ってしまうでしょう。産後3カ月が肝心だと言われています。女性は頑張り屋さんなので、なんでも自分でできてしまうのです。人に頼むより自分でやってしまった方が早いのです。でも、それは「コミュニケーション」を省いているのです。誰でも人に頼むことは気がひけるものです。だけど、だからこそ「私はあなたと一緒に子育てをしたい」という気持ちを伝えることが大切なのです。コミュニケーションをするより自分でやってしまった方が早いから、のままいってしまうと「お父さんはいらない」になってしまいます。ヨガ、つなぐ、むすぶ、はコミュニケーションであり、コミュニケーションは簡単ではないのです。人生の大きな転換期に、これから人生を共にしていく相手とどうやってコミュニケーションしていくか。己と向き合い、相手と向き合い、感謝し合える関係性を築いていく。難しいことです。自分のエゴと相手のエゴ、傷つきたくなければ、交換を避けます。

 

ヨガとはコミュニケーションの学びです。

だからヨガの教えの中に「真実を話す(サチュア)があるのです。本音を話せる関係性をご主人と築けますか。忙しくなってくると、本音を話すよりも、コミュニケーションを避け、孤立していきます。人間とは古来からそういうものだったと思います。だから、ヨガは人を救ってきたのではないでしょうか。一人で生きているのではないということを思い出すこと。人や自然とのつながりを思い出すこと。 

産後は、母親の生き方の問題、父親の育児休暇の取り方の問題ではなく、父親と母親の連携、調和の問題だと私は思っています。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed