© 2018 by TOMOKO OKABE

見なくても信じられること

February 10, 2018

私を見たから信じたのか。見ないのに信じる人は幸いである。

ヨハネによる福音書 第20章29節

愛恩幼稚園 小野寺園長先生のお話より

「信じる」とは現状を見もしないでありもしないことを思い込むことではありません。信じるとは、目で見て確認しなくても本当のことや正しいことに基づいて、そこにしっかり立てるということです。

ある心理学者は、人が精神的に発達していく上で最初の課題となるのが「基本的信頼関係」を築くことであると言いました。人の成長には信じ合える関係が必要なのです。落ち着いた暖かい関係の中で、大人が子供の存在を認め、受け入れ、支えていくところに、自分を信じ、身近な他者を信じる力が生まれます。自分が自分であることに自身を持ち、その自分をしっかりと相手に関わらせていくベースには見なくても正しいことを信じられる力が必要不可欠なのです。

 

そうなると、親は、子供が信じる対象として自分はふさわしいか、と謙虚に自分に問い返し、そうなるように努めることが求められます。

私たちは子供の信頼の対象として、すべてのことが完璧ではありません。でも、まず神がそのような私たちを愛し、赦し、信頼してくださっていることを心に留めたいと思います。私たちも神に信頼されていることを基盤として、子供たちに関わり、信頼される大人となれるよう努めて参りましょう。

 

なぜヨガをするのか、と考えたとき、それは神様が自分に何を期待しているかに耳を傾け、それを実践する素直な心に立ち戻るためではないか、と思います。

思い込みや先入観(サンスカーラ)ではなく、本当の自分が素直に正しいと信じることをできること。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed