© 2018 by TOMOKO OKABE

子育てに効果を期待する人は、ヨガにも効果を期待する

February 10, 2018

ヨガは子育ての治療ではない、だけど健康な方向に導いていく

 

いつもいろんなことをヨガとこじつけてしまうけど、家族生活に「効果」なんてない。
子育てに効果を求めてしまう母親は、きっとヨガにも効果を求めるのだと思う。
私も最初はそういう母親だった。どうすればこの愛しい息子を幸せにできるのかな、と思い、不甲斐ない自分を責め、何かを許せない気持ちを主人や息子にぶつけていた。いよいよ大人の時間が欲しい私と、幼い子供を育てなくてはという責任感との狭間で葛藤していた。今だってそうだ。だけど、みっともなくとも諦めなかったことだけは身を結んだのかな。 

娘と抱き合ったり、息子に絵本を読んだり、主人と珍道中を楽しむ、それらは効果を問いかけるものではなく、私たちがどんなに人生に楽しい瞬間を作り、どんな発見、どんな冒険を皆で共有し、ユーモアやウィットで豊かさを膨らませたのか。世界遺産を旅した人に、どんな効果がありましたかと問いただす人がいないように、私たちはそこにどんなに豊かな発見があったかを知りたいだけで、効果を知りたいわけではない。そう思うと、恩師達が「ヨガとは旅路だよ」と導いてくれたことの意味がわかってくるし、ヨガの効果は無限で多層的であることを伝えたくなってくる。 

旅で一番好きなのは、息子の手首を引っ張って「危ない危ない」と空港を歩く時間が、今は私がしゃがみこみ、あなたにはどんな世界が見えるの、と瞳を見つめるとき。
だからあなたには Travel No. 1 という名前をつけたのにね。 

人は、何かによって余裕を持たなくてはいけない。それは、ヨガでも、登山でも、語らいでもいい。治療とはすがることではなく、思い切り泣いたり、深呼吸したりして、自分はまだできるということに気づくこと。ヨガセラピーの先生の仕事とはそれを自らの辛さや苦しさを思い出しながら、同じ人間として応援すること。 

そんな気づきをもたらしてくれる人、自発的な取り組み、もしかしたら与えられるや機会、運命のことをもヨガというのだと思う。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed