© 2018 by TOMOKO OKABE

100歳までの命【ヨガを暮らす】

August 8, 2019

100歳まで生きたとしても、人生を短いと感じるのだろうか。あるいは、神様、ありがとう。全うしました、と言って逝くことができるのだろうか。

 

人生100年時代と言われて久しいが、100歳の自分を想像するのは難しいからこそ、今日という一日の酸いも甘いも噛み締めながらありがとう、と生きる、それにはヨガのひと時はきっと役に立つのだろうと思う。

 

スピルリナで作ったドラえもん。

 

 

そして、NHK名古屋の体験コーナーで妙な貫禄を醸し出す4歳。視線の先にいるのはもちろん原稿を読む兄。宿題の音読をチェックしているつもりなのだろうか。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

August 16, 2018

Please reload

RSS Feed